So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の5件 | -

岐阜大学CTスキャン(定期検査) [病気のこと]

前の記事で心配な事として
・お尻周りの毛が抜けてハゲた部分が広がっている
・うんちが以前に比べ細い状態が多くなっている
と書いたのですが、その後にもう一つ心配事が増えました。
9月30日に切除していない右側の肛門腺付近に腫れに気付き、かかりつけ病院で診察を受けました。「肛門腺の炎症の可能性が高いが正確な診断は生体検査が必要、岐阜大学での検査が近いのであればその際に確認してもらいましょう。炎症であれば抗生物質で治まるかもしれなので1週間薬を飲みましょう」との診断で、原因については岐阜大学での検査待ちとなりました。

そして、10月5日に岐阜大学でのCTスキャン検査を行いました。
IMG_8799.jpg IMG_1328.jpg
              朝食抜きでお怒りです…

朝7時に浜松発で10時前に岐阜大学に到着。15分ほど待って診察です。
・お尻周りの毛が抜ける
・うんちが以前に比べ細い状態が多くなっている
・右側の肛門腺付近が腫れている
ことを伝え、ルートを預けます。検査終了は13時。
IMG_1390.jpg IMG_1402.jpg
              待ち時間は岐阜公園で時間をつぶしました…

・CTスキャン検査の結果
 →前回(7月18日)と比べ特に変わりはない。腹腔内リンパ節付近と切除した肛門腺付近に影があるが大きさは変わっていない。腸を圧迫している様子も見られない。肺や脾臓など他の臓器への転移も見られない。
・血液検査の結果
 →異常値はない
・お尻周りの毛が抜ける
 →放射線が当たっている範囲なので一時的なものと思われる
・うんちが以前に比べ細い状態が多くなっている
 →CTスキャンや触診では腸を圧迫するものは見られない。肛門腺付近の腫れが影響していのかも。
・右側の肛門腺付近が腫れている
 →CTスキャンでは影があるが正確な診断は生体検査の結果を見ないと分からない。結果は来週初めにお知らせする。触診では腫れの境界がはっきりしていないので、がんというより、肛門腺が皮膚内で破裂して、炎症を起こし、肉芽になって固くなっている、と考えている。(10月9日追記 病院より、検査の結果、悪性のものではないという連絡をいただきました。安心しました。)

今後の治療については、定期的に検査を行い、異常を検知した段階でパラディアなどの薬での治療に入ることを検討する、となり、当面は薬なしの生活を続けられることになりました。次回の検査は12月の予定です。いろいろ心配事はありますが今のところは大事にはなっていないので少し安心できました。後は、生体検査が良い結果となることを祈るばかりです。
IMG_1529.jpg IMG_1457.jpg
IMG_1514.jpg IMG_8802.jpg
       おんさい広場で鹿肉800gを買って、ぎふ清流里山公園によって帰りました


コメント(0) 

最近の様子 [病気のこと]

放射線治療から2か月が経過しました。
ルートは食欲はあり元気ですが少し心配なこともでてきています。
・お尻周りの毛が抜けてハゲた部分が広がっている
・うんちが以前に比べ細い状態が多くなっている
ハゲてきた部分の皮膚には特に炎症もないので放射線が原因と思っています。こちらは時間が経てば治るのかなと思っていますが、うんちの状態は、体の中のことが分からないので心配です。ただ、排便は出し難そうな感じはありませんし、特にお尻を気にする様子はみられません。
IMG_1002.jpg
 IMG_0799.jpg
             様子はいつもとかわりません…が、心配です

来週末は岐阜大学でのCTスキャン検査なのでその時に相談しようと思います。
IMG_1195.jpg IMG_1241.jpg
              近所の身代り不動尊へお参りにいきました


コメント(0) 

岐阜のこと [病気のこと]

ルートは特に変わった様子もなく、過ごしています。

岐阜大学に通ったのは真夏の時期でしたので、道中ちょっと散策、という気候ではなく、自宅と病院を往復するだけでした。ただ、休憩や食事のため立ち寄った場所の中にはなかなか良さそうな所もあり、涼しくなったらゆっくりと散策したいと思っている「行きたい場所リスト」を作っています。
IMG_5180.jpg IMG_5213.jpg
10月、12月には定期CTスキャン検査を受ける予定ですので、その時は行きたい場所リストの中から、できればソフトクリームや五平餅、団子などを味わいつつ、散策できればと思っています。涼しい時期に行く岐阜大学はちょっと楽しそうな気がします。

「行きたい場所リスト」は以下です。
鞍ヶ池PA隣接の「鞍ヶ池公園動物園」
 「鞍ヶ池PA(内回り)」から直接入れます。 広い公園で楽しそうですが内回り(行き)方向しかPAと繋がっていない…のが残念。
美濃加茂SA隣接の「ぎふ清流里山公園」
 とても大きな公園で、園内で食事もできるようです。お土産や産直野菜などの売店もあるようです。
・道の駅 武芸川
 関広見ICの近くにある道の駅です。1回立ち寄りましたが暑すぎてゆっくりとはできませんでした。ゆっくりとお土産物を見たいです。
・おんさい広場
 JA岐阜の産直品のお店です。野菜だけではなく、お菓子や鹿肉なども売っています。ルートを預けた後の帰りに1回寄りました。この時も暑すぎて野菜を買うくらいしかできませんでした。
flaty flaty
 ドックカフェです。昼食で2回行きました。洋食屋さんのような本格的な料理を楽しめます。わんこメニューもあるので、ルートの放射線治療終了の時もここで食事をしてから帰りました。フラットコーテッドレトリバーのルーディーちゃんが迎えてくれます。デミグラスソースが美味です。
IMG_1312.jpg IMG_7206.jpg
・CAFEガーデン
 大学からはちょっと離れますが、flaty flatyさんお休みのときに1回行きました。普通のラーメン屋さんですが(わんこOKのラーメン屋さんは貴重なのですが)、チャーシューが厚くて美味しいです。寒い時期にまた行きたいと思っています。
※ドッグカフェではありません。店内1テーブルのみが小型犬OKのようです。ルート入院中にチロルと一緒に行ったのですが、多頭での来店は控えて、とのコメントも見かけたのでご注意ください。
IMG_8476.jpg IMG_8461.jpg
              過ごしやすい季節になってきました


コメント(0) 

中間検査 [病気のこと]

8月18日に中間検査として、かかりつけ病院でレントゲン、エコー検査、血液検査を受けました。
結果は、特に問題なし、で安心しました。
IMG_1356.jpg
 IMG_1377.jpg
                    近所の夏祭り
・レントゲン結果
 肺や胃、他の臓器への転移は確認できない
・エコー検査結果
 - 腹腔内リンパ節の転移した腫瘍を切除した付近に影が見られる
  - 岐阜大学でのCTスキャンの時から確認されているもので、大きさは1.1cm→0.9cmと小さくはなっている。大きさについては、エコー検査ではCTスキャン程精度はないので、悪化はしていない、くらいと考えるべき
  - 放射線治療の効果が徐々に出ているとも考えられるし、もともと外科手術後の炎症なのかもしれない
  - エコー検査ではこれ以上の詳細を診断することはできない
 - 10月の岐阜大学でのCTスキャンでもう少し詳しい診断ができるかもしれない
・血液検査結果
   以下の状態
 - 若干低値:赤血球容積、リンパ球数、平均血小板容積、血小板分布幅、アミラーゼ
 - 若干高値:尿素窒素
 - 他は基準内
 - 低値、高値の検査も過去の検査でも同様な傾向があるので得に問題なし

うんちの状態が悪く服用していたプレドニゾロンも、2日半錠に減らした後も問題はなかったので、終了となりました。腹腔内リンパ節の影は気にはなりますが、悪化はしていない様子ですので、10月の岐阜大学でのCTスキャンでの診断を待つことにします。

8月19日はルートの12歳の誕生日。つらい思いをさせてしまったので、お祝いです。
IMG_4056.jpg IMG_4269.jpg
            メロン家からいただいたケーキ、美味しくいただきました

コメント(0) 

岐阜大学 動物病院のこと [病気のこと]

手術で腫瘍を切除できたときには放射線治療は全く考えていませんでした。
治療ができる病院が限られていることもありましたが、食べることが大好きなのに食欲がなくなるような副作用が心配で、そこまでの負担を与える治療が必要か?、と考えていました。ただ、手術後に今後再発の恐れがあり、放射線治療によってそのリスクを下げられると説明されると、やれることがあるなら、という気持ちになり岐阜大学 動物病院で診断を受けることを決めました。
IMG_2707.jpg IMG_3183.jpg
               早朝は少しだけ涼しくなりました

岐阜大学での治療への不安は、通うことになった場合、指定の日や、間隔で通うことができるか、という点でした。仕事もあるので平日の通院を指定されると対応できない日も出てきます。ペットホテルへの滞在なども調べましたが岐阜市内でペットと同室で宿泊できる宿はなく、どうしようか、と悩みながら初診の日を迎えました。診断を受け、先生より「放射線治療によるリスクを抑え、効果的な治療は週3回×3週で連続して実施すること」とお聞きした時も週3回の通院は困難で、3週間の入院も、ルートと自分たちの気持ちを考えると決断できません。
そこで、駄目だろうと思いつつ、土曜日の退院を相談させてもらったところ、先生が、たぶん個人的な対応で、休日の土曜日に退院手続きを行う、と言ってもらえたときは、本当に助かりました。1週間の入院はルートにとって負担だったと思いますが、週末は一緒に過ごせたので、ルートの様子を確認しつつ、状況を把握して、少しだけ安心して、治療を行うことができました。土曜日の退院は2回あり、2回とも担当の先生に退院手続きを行っていただきました。

岐阜大学の印象は
・受付窓口は事務的
・受付後の待ち時間は30分程度でそれほど待たない
・診療は、丁寧、親身で、疑問点については細かく説明してくれる
・診断は、事実をはっきりと告げられる(わかっていることもわかっていないことも)
・費用は、高度医療なので、まあ高額。ただ、CTスキャン、麻酔などは、かかりつけ医より安い(ルートは2か所の治療で放射線治療3万円~3.5万程度×回数分)
です。
うちにとっては、土曜日の退院ができた、状況を細かく説明してくれる、入院中の様子を週1回程度電話で伝えてくれる、今後のリスクや治療の方針を説明してくれる、など不安が減った面が多く、治療を受けて良かったと思えました。
今後は10月初めと12月後半にCTスキャンの検査を受ける予定です。夏場の治療で岐阜付近ではほとんど出歩けなかったので、涼しい時期の通院はちょっと楽しみだったりします。
IMG_2983.jpg IMG_2904.jpg
IMG_7700.jpg IMG_7705.jpg
      プレドニゾロンも1日半錠→2日半錠に減りました。よく食べ、快便です

コメント(0) 
前の5件 | -